青汁ってどんなもの?

青汁は、ケールや明日菜などを絞った汁を混ぜた飲み物です。

青汁とは、数種類の緑葉野菜を絞った汁を混ぜたもので、今日では多くの人々に愛飲されています。その栄養価は非常に高く、健康を維持するために、青汁を飲むことを毎日の習慣としている人もいます。

材料は主にケール(キャベツの原種)で、その独特の苦味からマズイ飲み物として名を馳せていました。しかし、最近では味の改良もされており、大麦若菜やヨモギなどを使用した飲みやすい青汁が増えています。

その独特の青臭さと苦味から、とてもマズイ飲み物との認識が強く、テレビのバラエティ番組では罰ゲームにも使われるほどでした。しかし、現在では、大麦若菜やよもぎ、アロエを混ぜるなど、味の改良がされており、とても飲みやすくなったと評判です。

青汁は栄養価が非常に高く、一袋で一日に必要な栄養摂取量を賄うことができます。材料のケールはキャベツの原種で、ビタミンの含有量が緑黄色野菜の中では最も高いと言われています。また、明日葉にはカロチン、ビタミン、ミネラル、カルシウムなど様々な栄養素が豊富に含まれており、その栄養価の高さから「野菜の王様」と呼ばれるほどです。

毎日が忙しく、なかなか野菜が摂取できない方にも、お手軽に作って飲める青汁はおすすめです。

ホームに戻る