ケールと大麦若葉の違い

ケールは、キャベツやブロッコリーなどの原種で、見た目もキャベツをよくにた緑葉野菜です。主にヨーロッパの地中海沿岸で栽培されており、家庭菜園で育てることもできるなど、栽培は容易ですが、日本では青汁の原料として栽培されるものが大半のようです。

味は苦味が強く、独特であり、多少食べにくいという意見が多いようです。サラダやスープ、ソテーなどにして食べられています。

栄養価は非常に高く、ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれています。摂りにくい栄養素とされるβ-カロテンが豊富に含まれており、その栄養価の高さから、「野菜の王様」と称されるほどです。

血液を浄化する作用があり、血栓の予防や血中のコレステロール値の減少に効果的です。高血圧も解消してくれます。

大麦若葉

大麦は、イネ科の植物で、醤油や味噌、ビールなどの原料として知られています。その若葉は健康食品として売られ、その高い栄養価は、ヨーロッパなどでも有名で、近年注目されている野菜です。

抹茶のような風味で、甘みがあり、その絞り汁は飲みやすいと言われています。栄養価の高さと口当たりのよさから、青汁の原料として人気が出てきています。

ケールと同じく、ビタミン、ミネラル、食物繊維の含有率が高いです。また、大麦若葉には、新陳代謝を促進する栄養素が多く含まれ、肌の荒れやにきびなどに効果的です。

セルライトには運動もマッサージも効果なし!?
セルライトは、脂肪や老廃物が混ざってできるカタマリです。血の流れが悪くなると脂肪や老廃物がたまりやすくなるので、セルライトがよくできます。

セルライトは女性に多くできるもので、お尻や太ももなどによく見られます。セルライトがたまると、肌がデコボコになって見た目がとても悪くなってしまいます!

しかも、セルライトはやっかいなことに、一度できてしまうと自然に消えることはありません。食事の量を減らしたり、運動してもセルライトを減らす効果があまりないのです。だからといって、強くマッサージすると、内出血がおこり、血流が悪くなってさらに悪化させてしまいます。

ホームに戻る